福岡のキャリアコンサルティング・メンタルヘルス・ストレスチェックの相談。女性カウンセラーと共にカウンセリングを行います。個人・法人・男女問わず受付中!

ストレスチェック

  • HOME »
  • ストレスチェック

弊社「ストレスチェック」が経営革新計画で福岡県の承認を取得しました!

(平成29年6月 承認番号:5322号)

2015年12月より従業員50名以上の事業所に年1回のストレスチェックの実施が義務化されました。弊社のストレスチェックの他社との大きな違いは、結果返却時に全員面談(20分)を実施することです。これにより、高ストレス者が特定されることなく医師面談希望の確認がとれます。また、御社への要望や意見を面談時に聴取することで、社内の人間関係や職場環境・組織風土などを把握することができます。守秘義務により面談内容はお伝えできませんが、個人が特定されない範囲で企業様にご報告いたします。これは経営側からは見ることができない社員が抱える問題を、客観的な立場でお伝えすることになります。この問題点を把握することが「職場環境改善」に繋がる一歩で、ストレスチェック本来の目的です。

ストレスチェックを職場環境改善に繋げることは、

社員満足度と定着率の向上→採用コストの削減→商品・サービスの品質とお客様満足度の向上→業績アップ!

という成功サイクルにのせる第一歩です。

実施体制

ストレスチェックを行うのは、【実施者】【事務従事者】です。人事権を有するものは従事できません。実施者とは、医師保健師、または厚生労働大臣が定める研修を終了した看護師若しくは精神保健福祉士であって、ストレスチェックを実施する者をいいます。事務従事者とは、ストレスチェックの実施の事務(個人調査票のデータ入力結果の出力又は結果の保存)に携わる者をいいます。

弊社では、下記の連携により、御社のストレスチェック導入から実施・職場環境改善等を全面サポートいたします。産業医とご契約されている企業様につきましては、弊社産業カウンセラーが連携させて頂くことで、スムーズな導入が可能になります。また、何から始めたらいいのか判らない企業様にも実施責任者となる「精神保健福祉士」との連携体制を整えておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

事業場外相談窓口について

ストレスチェックで最も大切なのが、高ストレス者判定になってしまった方への対応です。高ストレスと認識しながらも、面接指導を申出をしない従業員が多々いらっしゃることが懸念されています。高ストレス等の社員に対してストレスの原因解明やストレス対応について助言を行うなど、相談対応を行い、必要に応じて医師面談へと繋げることが可能です。

御社の社印が押されたカウンセリングチケットを返却時面談で全員に配布します。社内の同僚、上司には伝えづらいことも、第三者には話せるというケースも多いようです。事業場外相談窓口の利用は50分7,000円ですが、個人負担・会社負担の割合や利用回数の制限は御社で設定することが可能です。いつ、だれが相談に来たのか、個人が特定されない仕組みなので、従業員の方が安心して使えます。

  • 月1回の事業所訪問(安全衛生委員会への参加等)、ヒアリング、指導
  • 職場環境改善計画書の作成
  • 研修スケジュールの立案(管理職研修、コミュニュケーション研修等)
  • 事業場外相談窓口設置に関する告知

個人情報データの管理について

  • 事業者はストレスチェックの結果、面接指導の結果、集団分析の結果を5年間保存しなければなりません。
  • また、ストレスチェックの事務に従事したものは、その実施に関して知り得た労働者の秘密を漏らしてはならないと規定されています。事業場で唯一結果をすべて見ることができる立場となり、たいへん重い責任を負うことになります。そのため、事務従事者ご自身のストレスへと繋がる場合も多くあります。

弊社は第三者が見られないようセキュリティ管理を徹底の上、個人情報データを5年間保存致します。また、外部委託することにより、事務従事者の負担軽減へ繋がります。

料金・対応エリアについて

  • 福岡県内全域、九州全域(地域によっては交通費が発生します)
【ストレスチェック実施契約】 3,500円×人数+10,000円×実施月

(例)従業員数60名の場合 3,500円×60名+10,000円(1ヶ月)=220,000円(税抜)

  • 返却面談(一人20分)を含む料金です。
  • 従業員数に応じて割引もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。
【職場環境改善指導契約】 年間契約:120,000円(税抜)

弊社ストレスチェックのメリットとデメリット

  メリット デメリット
弊社に委託した場合
  • 個人情報データの管理の負担軽減
  • 事務従事者の負担軽減
  • 最新の内容や他社の経験を踏まえたアドバイスが可能
  • 返却時全員面談することで、紙面では判らない社内の課題が見える。また高ストレス者の医師面談希望の確認が可能
  • 集団のストレス状況を把握することで、「職場環境改善」に繋げることが可能
  • 御社の取り組みたい部分のみの導入も可能
  • 費用がかかる
  • 実施体制と活用調整をする時間が必要
自社内で実施した場合
  • 費用が抑えられる
  • 日程や内容を柔軟に調整可能
  • 個人情報データの管理が必要
  • 事務従事者の業務が増加し、負担が増える。
  • 事務従事者は守秘義務があり、心理的ストレスが増加する。
  • ストレスチェックに関する専門知識をもった人材が必要

ストレスチェック実施の流れ

1.ご契約
弊社とストレスチェックの契約を結んで頂きます。
2.実施計画
実施規定の作成支援、各種書類雛形の提供、担当者の選任、実施スケジュールの作成
3.ストレスチェックの実施
厚生労働省57項目のストレスチェックを紙ベースで弊社より配布、実施して頂きます。各自が封筒にいれたものを担当者に回収して頂き、弊社にて結果入力をさせて頂きます。
4.全員面談(20分)の実施・結果返却
御社への要望や意見を聴取致します。高ストレス等の社員に対してストレスの原因解明やストレス対応について助言を行うなど、相談対応を行い、必要に応じて医師面談へと繋げます。
5.チケット制事業相談窓口のご提供
高ストレスを未然に防ぐ「一次予防」の観点から、ストレスチェック返却時面談実施以外の時期でも活用できるようチケットを全員に配布します。
6.御社へ集団分析状況報告
実施責任者と産業カウンセラーで集団のストレス状況分析・報告書を作成し、御社へご報告をさせて頂きます。
 
7.職場環境改善計画書の作成 / 集団分析を踏まえた研修のご提案
面談内容の分析結果を踏まえて、職場環境改善の研修内容や日程をご提案致します。(管理職研修、コミュニケーション研修、職場環境改善グループ研修等)
8.継続的なフォロー
月1回の事業所訪問(安全衛生委員会への参加等)でヒアリングをさせて頂き、継続的なフォローをさせて頂きます。

厚生労働省ストレスチェック制度実施手順と当社サービス内容

非常に低コストで引き受ける外部機関もありますが、弊社は従業員の定着率のアップ、生産性の向上に繋げることを目標として一つ一つの会社に沿ったストレスチェックを目指しています。「形だけの導入」ではなく、きちんと整備して有効に活用したい企業様は是非ご検討下さい。

まずは、お気軽にお電話ください。 TEL 092-721-1919 平日9:00~12:00、13:00~17:00受付

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • facebook
  • twitter
PAGETOP