前回は、「女性のライフイベント」の次女の小学校入学の頃を思い出してみました。

今回は、長女が中学校入学の頃について思い出してみました。

ただ、あくまでも「私の場合」という事なので、参考程度にお読みくださいね。

 

⑤中学校入学~長女入学の頃~

長女が小学校6年生の頃、我が家は引っ越しをしました。

私自身、子供の頃に引っ越しをした経験もなく、

できればずっと同じ校区で中学校卒業までと思っていましたが、

我が家の諸事情もあり、仕方ない状況でした。

急遽決まった引っ越しで、長女が小学6年生の9月末でした。

距離的には、そんなに遠くなかったので、選択肢は3つありました。

①卒業までこれまでの小学校に通う。

②修学旅行までで転校し、新しい小学校で卒業する。

③9月末で、すぐに転校する。

長女は、①を希望しましたが、そんなに、何カ月も校区外で通学させることもできません。

③では、すでに転校先の修学旅行が終わっていたので、修学旅行に行けないことになります。

私は、親として、新たな環境に少しでも早く慣れてもらう事が一番。

でも修学旅行には行かせてやりたいと思い②を選択しました。

 

10月中旬の修学旅行。これが終わって、転校しました。

次女も一緒に転校させるため、それまでは二人でバス・地下鉄を乗り換えて通学させました。

今でも覚えているのが、最終日の二人と校区行事です。

職員室で、転校先に提出する書類をもらい、次女の教室に行くと、帰りのHRでした。

最後に、クラス全員が廊下に出て、アーチを作り送り出してくれました。

こんなにも、娘がクラスのみんなから惜しまれている・・・。

思わず泣いてしまった私を見て、担任の先生も、もらい泣きしていました。

修学旅行から帰ってきた長女。

全体で解散した後も、なかなか帰ろうとしないクラスメイト。

二人とも、いい友達に恵まれていたんだな・・・と、しみじみ感じ、

親として、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 

そして、翌日に行われた校区行事。

「命をいただく」という劇の孫娘役の声を長女がやることになっていたので、

その日が本当に最後の日でした。

校区行事に自分から立候補し、本番までの放課後、

地域の方々と公民館で練習をしていました。

本番では、みんなから「すごく上手だった!」と褒められ、とてもうれしそうでした。

私が知らない娘たちの姿を、改めて見た気がしました。

 

そんな校区行事も終わり、明日から新しい小学校に転校という日の夜。

長女も次女も、かなり落ち込んでいました。

校区行事が楽しかったことや、みんなからもらった寄せ書きを見ていた事もあり、

「新しい学校に行きたくない」と言い出しました。

それまでずっと言わなかったのですが、初めて二人に対し、謝りました。

「パパとママの事情で急に転校することになって、本当に申し訳ない。

親として、ママが代表して謝ります。ごめんなさい。」

すると、二人が泣きだし、長女が泣きながら言いました。

「だけん言いたくなかったっちゃん!だけんずっと我慢しとったっちゃん!

私が行きたくないとか言ったらママが謝るやろ?

引っ越したのは、ママ達のせいじゃないやん!」

 

いろんな思いや葛藤が、長女・次女・私・主人、それぞれの中にあったんだと思います。

ずっと、それぞれが、口に出してはいけない事として我慢していたんだな・・・と思いました。

そこで、二人に対する私の考え、主人の考え、これからの事など、いろんなことを伝えました。

卒業までとか、校区外でずっと通うとかではなく、

今から生活していく環境に早く慣れてもらいたいという事。

これまでの生活を振り返るのではなく、

今からの生活をもっと楽しくするように家族で考えて行こう!

という事・・・などなど。

話を聞いて、娘たちも、「よし!頑張る!」と言ってくれました。

でも、新しい環境に飛び込むことは、

二人の娘にとって、ものすごく不安だったと思います。

 

そして転校初日。3人で転校先の小学校に行きました。

今まで見たことがないくらい、緊張している娘たちを

それぞれの教室まで見送り、私は会社に行きました。

前日、行きたくないと言っていたこともあり、

会社にいても、とても心配でした。

慣れるまでに、どの位時間がかかるのだろう・・・。

ちゃんとみんなから受け入れてもらえるのだろうか?

会社が終わると、買い物もせず、急いで家に帰りました。

 

私:「どうやった?新しい学校!二人とも緊張しとったけど、大丈夫やった?」

帰ってすぐに娘たちに質問すると・・・

長女:「もーめっちゃ楽しかったよ!すぐに友達もできたし。モテキ到来かも~!」

次女:「隣のクラスとかからも、休み時間に「よろしくね」って言いに来てくれたよ~!」

・・・・え?

 

この時期に転校してくる子は、極めてめずらしかったこともあり、

それぞれのクラスで「ようこそ!転校生~!!」みたいなWelcome状況だったらしいです。

 

まさに、「案ずるより、産むが易し」

その後、仲のいい友達もでき、転校して数カ月とは思えないような状況で卒業した長女。

スムーズに中学校に入学しました。

あの時、「一日も早く新しい環境に慣れてもらう」という選択をして良かったなと、今でも思います。

ただ、「モテキ到来!」ではなかったようですけどね(笑)

 

次回は、次女の中学校入学の頃を思い出しながら、書いてみたいと思います。

 

投稿者プロフィール

寄能 寛子
日本産業カウンセラー協会認定・産業カウンセラー、中央労働災害防止協会認定・THP心理相談員、ジョブカード作成アドバイザー
詳細はこちらをご覧ください。http://cc.ab-q.co.jp/counseling/counselor/