前回は、「女性のライフイベント」の長女の小学校入学の頃を思い出してみました。

今回は、次女が小学校入学の頃について思い出してみました。

ただ、あくまでも「私の場合」という事なので、参考程度にお読みくださいね。

④小学校入学~次女入学の頃~

長女が小学校に入って2年。

次女がやっと保育園を卒園し、小学生になりました。

やっと保育園の送り迎えから解放される!

二人とも学童保育に入れば、二人で行動するし、お留守番もできるし!

・・・と、考えていた私が甘かった(>_<)

長女が学童保育をやめたいと言い出し・・・それに賛同する次女。

3年生くらいになると、友達同士、些細なことでよくケンカするんですよね。

結果、次女はわずか3カ月で長女と一緒に学童保育をやめました。

 

夏休み。朝から朝食・昼食を用意して会社へ。

まあ、お弁当箱に詰める手間は省けましたが(笑)

考えてみれば、保育園の頃は、私のお盆休みに合わせた休みだけでしたから、

二人にとっては人生初の「夏休み」だったんですよね。

「夏休みの計画」もほとんど無視し、二人で行動するように!

という私の希望も無視。(>_<)

午前中からそれぞれの友達と遊んでいました。

(朝10時までは家から出ないようにさせていましたが。)

 

そしてこの頃、やはり「DS」や「携帯電話」が欲しいと言ってきました。

「小さい画面でゲームする」ことが嫌いだった私は、

「DSは絶対買わない」という方針でした。

(Wiiは一応、検討しました。まあ、買ってませんけどね。)

「み~んな、持っとーもん!」という娘たち。

(子供の言う「みんな」は自分の友達4~5人位を示す事が多いです)

「み~んなってだれ?クラス全員が持っとるなら買ってやるよ」とか、

「うちはお金持ちじゃないから、そんなところにお金はかけられません!」

と言っていました。

そんなある日、長女が作ったのは、「手作りDS」

紙で作ったDS。ちゃんとカセットを入れる部分を作って、差し替えられるようになってました。

何だか、さすがにかわいそうな気がしてしまい、

クリスマスプレゼントに買ってあげようかと迷い、主人に相談すると

「これまで買わなかったことの意味がなくなる。

逆に、紙で上手に作ったことを褒めてやればいい。」

と言われました。

そして、ふと思い出しました。

娘たちが保育園の頃、近所の小学生が、公園で元気に走り回って遊ぶのではなく、

「DSを持ち寄って遊んでいる」姿を見た時、すごく残念だなぁ・・・と思ったことを。

買い与えるのは簡単だけど、買いたくない理由があったのです。

「子供には、外で体を動かして、元気に遊んでほしい。」

結局、DSは最後まで買いませんでした。

 

携帯電話も同じです。

親が居場所を確認するのに便利な機能もありますが、

我が家では、まだ必要ないと判断したのです。

家に電話があるのですから、必要なら家の電話を使えばいい。

(下手に携帯を持たせて、家にいるふりをされても困るし

・・・という気持ちもありましたけどね)

「携帯は高校生になってから」というのは、

・携帯の機能をきちんと理解でき、正しく使う事ができる様になる。

・行動範囲が広くなり、通学にも時間がかかるようになるので、連絡が取れる手段として。

というのが基準でした。

長女が高校生になった時、主人は「高校生でもまだ早い」と言いましたが、

さんざん、「高校生になってから」と言ってきましたから、さすがにもう限界でしたね。

 

最近、娘たちに「パパとママは考えが古いと!昭和やん!」とか言われますが、

「はい。昭和ですけど、何か?!」と言ってます。

 

次回は、中学校入学の頃を思い出しながら、書いてみたいと思います。

投稿者プロフィール

寄能 寛子
日本産業カウンセラー協会認定・産業カウンセラー、中央労働災害防止協会認定・THP心理相談員、ジョブカード作成アドバイザー
詳細はこちらをご覧ください。http://cc.ab-q.co.jp/counseling/counselor/