前回は、「女性のライフイベント」の保育園探しの頃を思い出してみました。

今回は、保育園入園の頃について思い出してみました。

ただ、あくまでも「私の場合」という事なので、参考程度にお読みくださいね。

 

③保育園時代と2人目の出産 ~保育園入園編~

長女を出産したのが3月4日。

3カ月を過ぎた時点なので、たぶん6月10日から入園だったと思います。

(あまりに昔の事なので記憶が定かではありませんが・・・)

 

まずは、慣らし保育。1日1~2時間預けるところからスタートしました。

初日の9:00頃だったかな?保育園に行くと、たくさんの園児が紙おむつのまま、

ウロウロ歩いている姿を見て、びっくり!

(え?なんでズボンはいてないの?!)

・・・後から判ったのですが、朝のトイレトレーニングの時間でした。(笑)

 

まだ、首が座るかどうかの娘を先生に預けると、いきなり大泣きしていました。

思わず躊躇しましたが、先生は手慣れたもので、

大泣きする娘を全く気にせず、ヒョイと抱きなおしながら

「大丈夫ですよ~。お迎えは11:00頃来てくださいね~。」と笑顔。

「あ、はい・・・よろしくお願いします。」

と言って、保育室を出ました。

泣き声は、さらに大きくなり、園庭を通って門を出る所までずっと聞こえていました。

保育園の門を閉めながら、ものすごく罪悪感を覚え、自分もボロボロ泣いてしまいました。

 

「本当に、ここまでして、会社に復帰する必要がある?」

「あんなに大声で泣いて、迎えに行くまで2時間泣きっぱなしだったりしないかな?」

「やっぱり、復帰をやめて、このまま一緒に過ごして幼稚園という選択肢もあるんじゃない?」

色んな事を考えてしまい、ずっと泣きながら、バスで家に帰りました。

(周りから見れば、かなり変な人だったでしょうね。)

娘が産まれてから、24時間常に一緒だったのに、初めて他人の手に渡し、

長時間離れる(たった2時間ですけど・・・)

こんなに辛いことなのか。と実感しました。

まさに、自分の体の一部を持って行かれたような感覚でした。

 

途中、ふと団地の中を見渡すと、桜の木はすでに葉桜になっていて、緑の葉がとてもきれいでした。

「あ・・・そういえば今年、桜の花が咲いてるのもゆっくり見てなかった。」

ふと、産後の3カ月、ずっと家にいて、ほとんど外に出ていなかった事に気づきました。

「そっか・・・一人で歩くの、3カ月ぶりかぁ。」

すっぴんで、ジーパンにパーカー姿。なんだか、自分だけが社会から取り残された気分になりました。

それから、2時間が経過するのを今か今かと思いながら、慌ててお迎えに行きました。

保育園の門の前に来ると・・・泣き声が聞こえない。え?逆に、大丈夫なのか?!

すごく不安になり、園庭を走って保育室に行くと・・・

 

思いっきり、爆睡してました~!!

しかも、両手を大きく広げて、大の字で。

(家のベビーベットでも、いつもこうやって寝てましたけど。)

え?寝てる?まさか死んでないよね?!

 

「先生!大丈夫でしたか?泣きませんでしたか?」

「ええ。あの後、すぐに泣き止んで、それからずっと寝てますよ。

あら、そういえば、ミルクも飲んでないわね~。」

親の心、子知らず・・・初めて体験しました。

それから2週間。少しづつ時間を延ばして、慣らし保育はあっさりと終了。

「よく寝る、とてもいい子」と、先生達からも評判が良かったみたいです。

 

そういえば、保育園初日に、あんなに泣いた私でしたが、慣らし保育中にもう一つ思い出しました。

「産休に入る前、休みに入ったら、家の中をきれいに片づけて、

出産や子育てに万全な体制を取ろう!」

 

・・・と思っていたのに、産休3日目で気づいたんですよね。

「ずっと家にいるからって、家の中が綺麗になるわけではない。」

「もしかして、時間がないほうが、そこそこ効率良く片付けられるんじゃない?」

だから、3カ月で保育園に預けて復帰という選択をしたんですね。

 

次回は、二人目出産の頃を思い出しながら、書いてみたいと思います。

投稿者プロフィール

寄能 寛子
日本産業カウンセラー協会認定・産業カウンセラー、中央労働災害防止協会認定・THP心理相談員、ジョブカード作成アドバイザー
詳細はこちらをご覧ください。http://cc.ab-q.co.jp/counseling/counselor/