ホームページを公開して約10日。やっとブログに着手できました。

・・・と言っても、世間はすでに年末モード。

今朝はバスが「日祝ダイヤ」で運行していたのにはビックリしました。(>_<)

本日仕事納めであわただしい状況なので、今回はご挨拶程度の内容です。

 

私がカウンセリングに入る前に読んでいる内容です。

(自分なりに考えた結果、これが何となく定着していました)

・世の中にはいろんな人がいる。

・自分の「価値観」や「一般常識」を相手に押し付けない。

・人は「気づく」ことで自己成長する。

・クライエントの話を全面的に受け入れる態勢で面談に入る。

・業務多忙は私の事情。クライエントには関係ない。

・問題解決・意思決定するのはクライエント自身。

弊社では「来談者中心療法」という手法を中心としています。

「受容・」「共感」・「自己一致」

これがカウンセラーの「傾聴」の基本的態度と言われるものです。

 

ちなみに、「カウンセラー」というと、「人の心が読めるんですか?」とか

「考えを見透かされそうで怖い」とか、よく言われますが・・・

日常会話の中で、そんな事をしていたら、私の身体が持ちませ~ん。

しかも、「霊能者」や「占い師」ではないので、特殊な能力とかは、持ってませ~ん。

「ごく普通の一般人」ですから、ご安心ください。

 

年明けから、少しづつブログの更新も行いたいと思っております。

それでは、皆さん良いお年をお迎えくださいね。

投稿者:寄能寛子

 

投稿者プロフィール

寄能 寛子
寄能 寛子
日本産業カウンセラー協会認定・産業カウンセラー、中央労働災害防止協会認定・THP心理相談員、ジョブカード作成アドバイザー
詳細はこちらをご覧ください。http://cc.ab-q.co.jp/counseling/counselor/